打越眠主主義人民共和国

”うちこし”と読みます

LAST MAN STANDING

明日横浜で花火があるらしい。

浪人時代の俺とクソ仲間たちの習慣としてクソ散歩があった。夜の桜木町のイケてるスポット(メッカに巡礼するイスラム教徒みたいにカップルたちがクソ集結している)へ俺たちは繰り出し、童貞のクソ低レベルな猥談で盛り上がる。これは階級闘争なのだ。持つ者と持たざる者との。敗北は決定づけられていたといっていい。それはそうですよ。

俺はまた仲間たちと花火の町へ繰り出そうと思い、ラインの画面を開いたが、やめた。

誰も来ないだろ。平日だし。みんな働いてるし。もう俺たち高校を卒業してから9年とか経ってるし。もうそういう時代じゃないんだよねって感じ。

ってことはまじか? もしかして今の俺って完全にジャングルに潜伏して終戦するタイミングを逃した日本兵みたいになってる?

休暇明けまで、あと4日……

日記2022/07/31

夏風邪を引いた。月曜日のあたりに熱が出た。コロナかどうかはわからない。解熱剤を飲んだ翌日、市のコロナ対応ダイヤルにかけて相談し、解熱剤の効果で熱はもう下がったと伝えたら、発熱していないなら発熱外来にかかることはできないと言われた。制度のバグではないのか?

どちらにせよ発熱していても今は発熱外来がパンク状態で、症状の重い人が優先なので診療してもらうのは難しいらしい。検査キットを入手することも考えたが、症状が軽く、休暇明けまではまだ一週間ほど残っているのでそのまま自宅療養することにした。

念のため外出は控えて自宅にある食料品で食いついないでいるので不便はしていない。

風邪にかかるたびに難儀するのは咳だ。熱はいつもすぐ下がるが咳は必ず長引く。QOLを大きく引き下げるし、あまりにひどいと眠れなくなる。今回は幸いそこまでひどくなかったが、最悪なのは薬。これが本当にひどい。咳止めの薬はどれも眠くなる上に効かない。薬の眠気でなにも手がつかない。次かかったときは漢方とか蜂蜜を試そうと思う。ここに書いておけば多分思い出すだろうし。

日記2022/07/24

東京で支持政党の党員集会に行ってきた。地元の県連でなくても出席できるというので出向いてみたが、会場の半数ほどは都外から来ていたのではないか。非常に盛り上がったのだがその前に前日泊で泊まったビジホの話をしたい。

本当にひどかった。テーブルはボロボロ、壁はシミだからけ、布団はほこりを被っている…… これで五千円か? マジか? インバウンドとか言ってる場合じゃないな。

話を戻すと集会に行ってきた。参院選の反省会とのことだった。比例で前回の衆院選から積み増したが議席数は減らしたという結果を受け、厳しい現状があるが上がる目はあるといった感じのポジティブな総括があった。ちょっと楽観的なんじゃないかなと思う。若年層の取り込みに力を入れていて手応えを感じているということで、会場も20代がけっこう目についたのは印象的だった。

話題の中心になったのはSNS活用法だった。メタバースで宣伝をやろうと中年の落選候補がのたまい、それに山梨からはるばるやってきたという高卒の若者が「お金がなくて(メタバースに必要な)パソコンを持てない若者も多い。スマホから繋がれるSNSに力点を置くべきだ」と釘を指したのには感心した。でも正直SNSで政党名にハッシュタグをつけようとかそういうの、俺は好きじゃないんだよな……。

自分からは「他党は来年の地方選に向けて候補公認を進めていて名簿も公開している。ウチは動きが見えないがどうか」と聞いたが、公認を進めている、本部へはフィードバックするとのことだった。都内の結果を見ると地方議員のいる区市はそうでないところより得票率が良い傾向があったから、地力を養うためにも来年頑張って欲しい。

党員管理の問題も挙がった。党員の管理はまったくできておらず、なんと全体の党員数もまだ把握できていないらしく、そういえば自分のときも手続きしてから数ヶ月ほったらかしにされた。全体的に党組織がしっかり回っていない印象があった。党員組織と各議員の後援組織(組織内候補の場合組合)が交流を持てていないという指摘があったが正直それどころではないだろう。

組織内候補といえばこんなことがあった。配信機材のトラブルで集会の中継を断念し、党首のあいさつも音声がつながらず、結局ライン通話をスピーカーして乗り切った。そういうことがあるとどうしてもITに対する弱さというか、大きい視点で問題にされてしまう。それでITに詳しい人や業界団体と繋がり強化するべきだという意見が出た。本人がIT系の仕事をしているらしい。そういうけどあなた、今回電機連合から出た人がいて、落選してるでしょ……。ネットでも「オタクは表現の自由問題で山田とか赤松を送っていて偉い。俺たち(IT系を指す)もそういう議員を議会に送るべきだ」という意見を見た。組織内候補が業界の代表として認知されていないし、まあ認知されても支持されないんだろう。それにはいろいろ理由があるんだとは思う。

しかし組織内候補なんて贅沢だな。ウチは全部足しても有権者の組合員三万人しかいないんだぞ。産別単組なのに……。

日記2022/07/20

チェンソーマン2部の連載がついに始まった。三鷹アサと戦争の悪魔がめちゃくちゃ美人なのがいい。絵面に華がある。横顔だとちょっと強気に見えるところもいい。

絵面に華があるのは大事だと思う。メカシャークvsネイビーシールズSNS時代を象徴する名ヒロインだったメロディのかわいさで持っているような部分があった。

 

・七月の下船休暇も残すところあと10日ほどとなった。長期休暇は大なる期待をもって臨み微々たる成果を残して終わるのが常だが今回もそうなるだろう。家を大掃除して、交通事故の保険関係の処理を終わらせられたことはよかったが、それ以外だと学生時代同然の堕落した生活を送っている。結局人間は午後に起きて適当に眠くなったら寝る生活が二番目ぐらいに幸せだ。一番は信頼できる仲間となんらかの共同作業をしてコミューンを建設するとかそういうやつだろう。

 

・休暇中に二回ほど操舵の練習のために船まで出向いた。なかなか上達しないが、まあこんなもんだろう的感覚でやっている。もっとスピード感を持って成長して欲しいという意向が周囲にあることは感じるが、別に焦ってペースが上がるわけでもない。

 

・休暇中に社船の片割れがエンジントラブルで長期間戦線離脱することになった。本船も時間の問題だろう。動いているほうが不思議なボロ船を無理して動かしている。ただでさえ暑い季節だし、休暇に入ったタイミングはよかった。

 

・近頃は友人と通話していても互いの仕事以外の話題に欠くことが増えた。日々の享楽のほかになにか長期的視座で取り組むなにかが必要だと思うが、なかなか手につかない。また物書きをやってもいいけど……自分の腕以上に目が肥えてしまって、制作中に我慢がならなくなるのが問題だ。自分が昔書いたものを見返すと悪くないないなと思うこともあるから、なんでも書いてみればいいのだろうが。

 

・十月に六級海技士の試験がある。受かれば無資格の立場から抜けられるから、直近の目標はそこということになるだろう。

バイク買いました

買いました。ホンダのクロスカブ110です。

 

f:id:WL641884:20220214205902j:plain

決め手は見た目。100%見た目。普通のスクーターよりちょっと高かったけど一目惚れして買っちゃったね。原付だけど原付っぽくないのがいい、

排気量110ccの原付二種だから車検は要らないし保険も安い。高速には乗れないけど60km制限で二段階右折も必要ないからぜんぜん車と一緒に走れる。

アチェンジはあるけどクラッチ操作は必要ないのでAT免許でOK。上の写真でエンジンの脇についてるペダルがギアペダルで、つま先を踏むとシフトアップ、かかとを踏むとシフトダウンする。ガチャガチャするのは楽しいけどクラッチとか面倒くささもあるな……という自分にぴったり。

 

f:id:WL641884:20220214210214j:plain
f:id:WL641884:20220214205928j:plain

購入時にリアボックス、ロングキャリア、サドルバッグ一対、センターキャリアとバッグ、スマホホルダーと充電機構をつけてもらった。

 

f:id:WL641884:20220214211501j:plain

ハンドルにくっついているのが充電機構とスマホホルダー。カーナビアプリを使うのに便利。充電は出力がかなり弱く、1%増えたり減ったりを繰り返す程度。

下に見えるのはセンターキャリアとバッグ。正直要らなかったかもしれない。乗り降りするときに足がよくぶつかる……。

 

f:id:WL641884:20220214203023j:plain
f:id:WL641884:20220214203029j:plain

ロングキャリア、リアボックスとサドルバッグ。やはりボックスはあったほうがなにかと便利。ボックスはダサいと忌避する人も多いらしいがクロスカブには全然似合うと思う。純正キャリアだと背負ったリュックとボックスが当たってウザかろうと思ったのでロングキャリアに付け替えた。このロングキャリアがサドルバッグ対応で、両舷にバッグを取り付けている。バッグはファッション的にもいい感じだし、バイクカバーや雨装備の類をしまっておくのに使えてかなり便利。

 

まだ今月初めに納車したばかりだが横浜横須賀間を走ってみたりして楽しんでいる。三浦半島は海沿いの道路が多いので走っていて楽しい。事故らないように気をつけて走ります。

日記2021/06/06 燃え上がれ 燃え上がれ 燃え上がれ 家計の収支

君よ 返済(かえ)せ

まだ月の手取りを超える 借金が残ってるなら

巨大な 生活費 けずれ けずれ けずれ(テテーテー)

夏の 寸志に 期待だ ガンダム

機動戦士 ガンダム ガンダム

 

端的にいうと金に困った。なにも考えずにスマホとパソコンと家財道具を買い込んで、毎食外食してたらとんでもないことになった。馬鹿か?

まあそれはそれとしてだよ。入社二ヶ月で給料が1割カットはつれえわ。まあ倒産寸前だからな。そんなもんか。上はボーナスの割合やらなんやらで会社とやりあってるけどそんなこと気にする余裕も無い。そもそも仕事の覚えが悪すぎて放逐されるかどうかの瀬戸際なのに給料少なくてつれえっすとか言えね~。

 

今回の記事では自分用もかねて現状の家計を見直していこうと思う。

まず収入。入社前の説明だと手取り20万とのことだったが、実際1割引き18万とかなんだろうか。1割引きは航海手当等を除いた課税対象給与の1割を意味するとのことだが、控除の仕組みとかよくわかってないせいで最終いくらになるのかわかっていない。住民税はまだ払ってないし、組合費とか船員保険とかは多分給与額に連動しないよね? まあとりあえずここでは手取り18万ぐらいと考えておく。自分の履歴書の悲惨さを考えればこれでも別に悪い額ではない。

次に支出。

まず家賃は共益費込みでだいたい4万円。けっこう抑えたつもりだったが、住宅費は収入の1/4が目安らしいので、現在の手取りからするとほぼ適正額に近い。

続いて光熱水道費。5月の請求がいくらぐらいだったのか忘れた。まあ多分安い。月の半分は船の上で生活してるんだから一般人の半分しかかかってないはず。平均いくらなのかわからないがとりあえず1万でカウントしておく。

保険料は安い医療共済と自転車保険だけ入った。月2000円。共済は独り身なので保険とかいらないだろと思っていたが、仕事の危険性が尋常ではないので慌てて加入した。マジで今足すべってたら死んでたなみたいな瞬間が一日に何回もある。

動画サイトや新聞など、有料会員系の費用。全部足して月5000円ぐらい。絶対に削るつもりである。あまり読めていない新聞や惰性だけで続けていたニコニコ動画プレミアムは真っ先に打ち切る。

通信費は4月5月はけっこうかさんでしまった。基本的にwifi環境があるところでしか携帯を使わない想定だったので従量課金制のプランにしたが、光回線がまだ転居先にないのでデザリングで代替したところ請求額がえらいことになってしまった。今月中に回線が開通する予定なので、それ以降は月10000円ほどで安定するはず。

食費はかなりかかっている。5月は4万円ほどかかってしまった。水道光熱費と同じで月の半分を船上で過ごしていることを考えると、これは明らかにかけすぎ。普通の人と同じで陸上生活してたら月8万ペースってことでしょ? 高級住宅街の専業主婦じゃねーんだからさあ……。しかし生活基盤が陸上にないせいで自炊する余裕が現状あまりないことを考えると外食の比率は高いことはしょうがない部分もあるし……。

そしてジム。あまりに体力が足りていないので通い始めた。月25000円。これがめっちゃ重い。

最後に財布に入れておく現金や娯楽費、日用品などで合計20000円ほど計上する。

以上を合計すると152000円。浮いた3万弱を、すべて借金返済にあてる。

 

そう、借金……。詳細は伏せるが新生活を始めるにあたっての必要経費を完全に甘く見ていた。残り約50万円ほど借金が残っている。気が遠くなりそうだ……。せめてあと2万あれば……。

特に結論などを導かず、今回の記事はこれで終わりにする。仕事についてはそのうちなんか書きたい。

日記2021/04/16

「先ず隗より始めよ」の対義語、「おれさえもついに就職」

というわけで、明日からついに乗船である。

・処女航海なのにいきなり「二日目は時化るからな。酔い覚悟しとけ」などと言われて楽しくなってしまった!!!

・1日の行程表見たら朝5時起きで夜までまったく休み無くてすげえと思った。しかも船内で飲み会めっちゃやるらしい。いつ寝んの?

・繁忙期で人手不足で長期休暇は半年経つまで取れないってことは2日続く休みは10月まで無いってことか? 盛り上がってきたあ しかし半年経てば労組に入れるし労組の補助で資格も取れるし、最初の目標はそこまで生き残ることかもしれん。とにかく仕事を覚えないといけない。

・自宅から職場まで自転車35分のつもりだったけど今日試したら途中道迷ったの込みで80分かかった。正気か? 原付35分の間違いだろ…… 自転車通勤やめるかもしれん。

・自宅の荷物ちょっとだけ動かしたけどマジでなにも進まない。本棚でロフトを埋め尽くして埋まるかどうか五分五分だけど本棚の整備まったく進んでないしやばい。どこかタイミングを定めて一気呵成に組み立ててしまう以外のビジョン無さそう。

 

次の更新は下船時に。処女航海について書きます。